日本住宅教室 Weblog

タグ:堀部安嗣 ( 9 ) タグの人気記事




日本住宅教室 建築デザイン 堀部安嗣コース 2011 第3回

2011/4/20(水)19~21時@国際文化会館
e0148986_1121760.jpg

"Architecture" とは何か 。       
この言葉の意味は、日本で僕らが認識している " 建築 " ではない。

" 芸術 " や " 哲学 " の様に、
道筋や術を示す言葉へ翻訳されていたらずいぶん違っていたのではないか。

" 建築 " は波打つ世の中の動きに沿って変化していってしまう。
しかし、無常の中で、物の原理を一貫してやっていくこと、
これが " Architecture " だと思う。

僕は "Architecture" をやりたい。 " 建築 " ではなく。
どんな時も変わらない強さ、そういうものを淡々と表現していきたい。




『日本住宅教室 建築デザイン 堀部安嗣コース 2011』もついに最終回です。

授業の前半は、先生がArchitectureを感じ、影響を受けてきた建築の数々、
後半は、これらの栄養をどう消化し、考え、結びつけてきたのか、
ここ数年の間に竣工したご自身の建築を、前回の続きとしてご紹介下さいました。

先生の視点を通し、巧みな言葉で語られる国内外の建築には、
魅力の元とも言うべきそれぞれの真髄を再認識させられ、
また、実際に現地を訪れた際の住まい手との思いがけないエピソードには、
教室から笑いもこぼれました。

先生ご自身の建築については、設計のプロセスやそのプランの妙とともに、
先生が何を大切にされ、どういったことを考えながら設計にあたられているのか、
その場所、その建築ごとに真摯に向き合う様子を窺い知ることが出来ました。

授業のラストは、これからの日本のあるべき姿として、
日本人は穏やかで親密な環境でこそ本領を発揮していく国民なのではないか、
そして、そのためにやらなければならない仕事が沢山ある、
というお話で締めくくられ、全3回に渡る堀部先生の授業は無事終了致しました。

修了証の授与後、恒例の懇親会が遅くまで繰り広げられたことはもちろんですが、
今回特筆すべきは、先生の口から「来年もまたやりましょう!」というお言葉が
発せられたことです。

先生のお話を再び聴ける日も、そう遠くないかもしれません。

堀部先生、受講者の皆様、どうもありがとうございました。
各講義が2時間だったとは思えない程、密度の濃い時間を過ごさせて頂きました。
また来年も(?!)どうぞよろしくお願いいたします。


---
なお、授業は終了いたしましたが、終了後も住宅2軒の内覧会のご案内を頂き、
今回の教室では、1月より全部で4軒の住宅を見学させて頂くこととなりました。
素晴らしい住宅や別荘を心ゆくまでじっくり眺めたり、沢山の図面を拝見したり、
ぬれ縁でくつろぎ話に興じてみたりと、心地の良い空間を楽しませて頂きました。

施主であるご家族の皆様、堀部先生と事務所の皆様、各関係者の皆様に、
心よりお礼申し上げます。


>>日本住宅教室 Top

text by marie sakai
[PR]



by n-j-k | 2011-05-08 00:46

日本住宅教室 建築デザイン 堀部安嗣コース 2011 第2回

2011/2/23(水)19~21時@国際文化会館

e0148986_1513323.jpg


「建築をやっていく原動力って何でしょう?」

「人も世の中も風景もコロコロ変わり
何をよりどころにしていいのかわからなくなってしまうような無常さを、
親密に、フレンドリーに、
そっとフォローするようなことが建築でできないだろうか。」

そして

「人の夢や希望、プロセス、研鑽を重ねたその先に
人間の時間と切り離された、建築の持つもうひとつの時間、豊かさを表現できれば。

静かな、ただそこにある建築をつくりたい。

   ” 何ごともなかった(かのような)建築 ”  を。」

そんなお話から授業はスタートしました。


今回は先生の設計された建物を中心にしたお話、
テーマは「建築の力、無力さ」その両方です。

授業時間を目一杯使って、11軒ほどをご紹介いただいたでしょうか。
建てられる前の更地の状態や、竣工当時の様子、そして数年を経て、と
時間を跨いでの写真を交互に見せていただくことで、
建築がその場にもたらしたものを感じることが出来ました。

説明に使われた模型、図面、工事中の写真も見せていただきながら
お施主さんや現場の職人さんとのやりとりなど、
設計の裏話(笑い話?!)もたっぷりと伺いました。

前に授業を受けられた方には内容が重複してしまうかもしれません、
とのことでしたが、
以前とはまた違ったエピソードが聞けたり、新たな発見があったり、
受け手である自分の「今」の状態を確認することにも繋がっているのかもしれません。
恐らくほかでは見ることの出来ないであろう貴重な写真をじっと見ながら、
みなさん真剣に耳を傾けていらっしゃいました。

また、当初は予定していなかったのですが、今回も懇親会を開くことが出来ました。
お店を貸し切り先生を囲んでの飲み会、
2回目ということもあって、より打ち解けた雰囲気で楽しませていただきました。
多くの方が遅くまで残られていましたが、終電に間に合われたか少々心配です!

授業自体はあと1回を残すのみとなりましたが、3月中旬に内覧会のご案内を頂きました。
(詳細は受講者の方々に別途連絡いたしております。ご確認ください。)

次回最終回は3/30。都内は桜が咲いている頃でしょうか。

e0148986_1593576.jpg


>>日本住宅教室 Top

text by marie sakai
[PR]



by n-j-k | 2011-03-07 15:15

日本住宅教室 建築デザイン 堀部安嗣コース 2011 第1回

「日本住宅教室 建築デザイン 堀部安嗣コース2011」が始まりました。
堀部先生のコースは、2008年から2009年にかけて行われた授業以来です。
1/26、2/23、3/30の全3回を予定しております。

平日ではありましたが、
18時半ごろから会場である国際文化会館の一室に受講者の方が集まり始め、
予定通り19時に授業はスタート。
まずは先生が名簿をもとに一人一人と言葉を交わしながら、
緊張気味の初日の空気を暖めて下さいました。

今回も、福岡から飛行機で来られている方や、関西、中国地方など、
全国各地から受講者の方にお越し頂いています。
また、以前にも堀部先生のコースを受講された "リピーター" の方もいらっしゃいます。

e0148986_13101671.jpg


授業内容は、西洋の建築について取り上げた前回と重複しないように、と
最近先生が見て回られたという沖縄の中村家住宅や、韓国安東市の河回村、屏山書院など
『柔らかで、たおやかで、素朴だけどエレガント』なアジアの建築、
そして先生が設計された建築についてでした。

旅先やご自身の建築など、沢山の写真とそれにまつわるお話の数々から、
先生が日々どんなことを感じ、
どういったことを考えながら設計されているのかが伝わってまいりました。

先生は、
リアルタイムではなく古いものからインスピレーションを受けるというやり方が、
良きにしろ悪しきにしろ自分の個性だと思っていらっしゃる、とのこと。
本当に深くて濃い、真正面からのお話をして下さるので、
2時間の授業時間もあっという間に感じられました。

授業後は先生とともに "韓国" 料理のお店で懇親会を行いましたが、
もちろん今回の授業内容を知ってのセッティングではなく、全くの偶然です!
近くに宿を取って参加されている方も多く、大盛り上がりの楽しい宴会は遅くまで続きました。

e0148986_13215727.jpg


授業に先立ちまして先日 1/22(土)、
『軽井沢の家Ⅱ(新建築 住宅特集 2011年1月号掲載)』を見学させて頂きました。
今後もまたどちらかの見学のご案内を頂けるかもしれないとのこと、大変楽しみです。

>>日本住宅教室 Top

text by marie sakai
[PR]



by n-j-k | 2011-02-01 13:26

日本住宅教室2009 建築デザイン 堀部安嗣コース 第6回

e0148986_1554216.jpg

昨年の11月に始まった堀部先生のコースも、
ついに最終回を迎えることとなりました。

授業はまず、前回の見学会について、
受講者の方々の感想を伺うことから始まりました。

「これまでの授業の中で伺ったことを体感としてとらえることができた」
「考えつくされた設計にとにかく圧倒された」
という感想や、ディテールに関して気づいたことなど、
皆がどんなに熱心見学なさっていたのかが伝わってきました。

また、以前からの
「先生の発想のプロセスやアプローチの仕方を知りたい」
という意見に応える形で、
今日は、スライドを見ながら、ほかいくつかの住宅作品の解説と併せて、
見学させていただいた住宅の設計のプロセスについても
お話を伺えることになりました。

見学させて頂いた住宅の設計は、
先生が、以前同じ場所に建っていたお宅で感じたこと、継承したいと思ったこと、
施主の方のご要望などをもとにエスキースを繰り返し、
それらを経て最終的なプランが導き出されたものであり、
これらの痕跡をたくさんのスライドで見せて下さいました。

そこには、試行錯誤を重ねては、また白紙に戻したり、といった過程を経て
徐々に形が現れてくる様子が残されており、大変興味深いものでした。


先生が考えを進めていく際に大切にされているのは、
「自分の納得」に集中することだといいます。

「人それぞれの体の中に、誰もが共有できるバランスが備わっていると思います。
心地よいことも楽しいことも、全部自分の肉体がわかっていることを認識し、
自分の納得に集中すると、それに他人の納得がついてきてくれる。
そのようにシンプルに考えるように気持ちを切り替えている」

また、一つのキーワードとして、「本格」という言葉を挙げられ、
これを目指すと、建築はとたんに難しくなり、かつ楽しくなる、
それを実感することが多くなった、ということなどをお話下さり、

最後に、
「建築を『負』ではなく、『正』から発想すること」
「建築にしか為し得ない豊かな表現を、力強く、辛抱強く切り開いていって欲しい」
というメッセージを頂きました。

受講者の一人ひとりに先生から修了証をお渡し頂き、名刺交換もして、
全6回にわたる授業は無事終了いたしました。


授業後に、近くのお店で行った打ち上げにも多くの方が参加し、
話題も建築に関することだけにとどまらず、
楽しい雰囲気の中で、締めくくることができました。


先生、たくさんの講義と見学会を、どうもありがとうございました。
受講生の方々、毎回のご出席、お疲れさまでした。

毎回、ブログにはとても書ききれないほど密度が高く、
2時間の授業時間があっという間に過ぎてしまいました。
まだまだ沢山お話を伺いたいところです。

また、ぜひ何かの機会に皆様にお会いすることができれば、と思います。
本当にどうもありがとうございました!

text by marie sakai
photo by kumiko toishi

>>日本住宅教室 Top
[PR]



by n-j-k | 2009-03-18 15:05

日本住宅教室2009 建築デザイン 堀部安嗣コース 第5回(見学会)

e0148986_19263958.jpg

堀部先生のコース第5回目の今回は、
待ちに待った住宅見学ということで、いつもの教室を飛び出して
土曜日の午前中に集まりました。

どちらを見学させて頂けるかは、授業開始当初は未定でしたが、
2008年に竣工した2世帯住宅を拝見させて頂けることに。

前日の悪天候とはうって変わって、少し肌寒いものの、
すっきりと晴れ渡った気持のよい青空のもとの見学会となりました。

坂のある住宅地の一角にあるお宅に向かう道すがら、
自分の足で歩いてその街の空気を感じるだけでも、
写真からでは得られないものが多々あります。

図面を読み解いて心待ちにしていた私たちを、
お施主様は快く迎え入れてくださいました。
これらのやり取りにも、先生とお施主様との間に築かれた
信頼関係が垣間見えるというもの。

今回のお宅は、長年住まわれた家があった場所に建てられたもので、
広く開かれた窓の外に、さるすべりやシャラの林など、
以前からある庭の木々がそのまま残されていました。
階段・エレベーターホールを中心に3間角の4つの部屋が配置されているプランにより、
それぞれ特徴的な庭をつくりだすことができたといいます。
見学途中、お庭のお手入れをされるお施主様のお姿を拝見することができ、
これまで愛されてきた庭を介して、そこで営まれてきた暮らしの流れを
新しい家での生活に繋げたい、という設計の意図を
はっきり感じることができたような気がします。

また、至るところに飾られた現代美術の作品の数々が印象的で、
お施主様が収集されてこられたというこれらが
設計のよりどころになったというお話も伺うことができました。

3間角という寸法についての、
「今回のような大勢の人数が入ることもでき、且つ、
ひとりでいても寂しさを感じさせない」というお話には、
体感しているからこそ大きく頷ける場面もありましたし、
現場で決めることの重要性や、バランスの大切さ、
建具、ガラスの装飾部や腰壁、構造などについての詳しい説明を頂くとともに、
受講者の方からも、照明の考え方や、塗装などの仕上げや細かい納まり、
施工方法などについての質問が飛び交いました。
さらに、これまでの授業の中でもお話のあった、
「サーバント部分の充実があるからこそキレイに暮らすことができる」、
ということも実際に目の当たりにすることができました。

階段室の周りに配された吹抜けは、
「光の井戸」
という、先生の仰る表現がぴったりで、受講者の方からも
「こんなにわずかな吹き抜けなのに、これほど豊かになるなんて!」
と感嘆の声も聞かれ、
敢えて照明をつけずに地下へ降りてその光を楽しんだり、
上から、下からのぞきこむ姿が見られました。

自由に見て回るお時間も頂き、地下から3階まで、銘々の想いで堪能し、
受講者の方同士の会話もはずんでいたようです。

最後は外に出て、建物のインフラについてなど、どこから見ても美しい外観の秘密や、
奈良時代のお寺の雰囲気にしたかった、とのお話なども伺い、見学会は終了。
皆さん、建物を振り返りつつ、名残惜しそうに後にされるのでした。

その後、お時間の許す方々で昼食をとり、
いつもの時間帯とは違った明るい光の中、新鮮な気持ちで
また改めて親睦を深めることができました。

見学が実現できたのは、もちろんお施主様のご厚意があってのこと。
実際に生活が始まっているお宅を見せて頂ける機会はなかなかないのでは、
と思います。
この場をお借りして、お礼を申し上げたいと思います。
ありがとうございました。

さてさて、次回はついに最終授業!
今回拝見した住宅を設計するに当たっての
「苦心の顛末」(!?)
をたっぷりお聞かせ頂くことになっております。

text by marie sakai
photo by kumiko toishi

>>日本住宅教室 Top
[PR]



by n-j-k | 2009-02-23 19:00

日本住宅教室2009 建築デザイン 堀部安嗣コース 第4回

1月28日(水)、堀部先生のコースの第4回目でした。

いつものように前半は、影響を受けた建築。
ウッツォンのキンゴーハウスとオペラハウスの、幾何学的かつ有機的なデザインの作られ方、構造について解説。
ほかに、ル・トロネ修道院、ブランクーシのアトリエ、阿蘇山の火口、熊本城の石垣、屋久島の風景、奈良公園、アルテピアッツァ美唄、山形の紅葉、冬の雑木林の風景、八ヶ岳、沖縄の民家、重要文化財中村家、首里城の石垣、ポルトガルの風景、、、たくさんの写真とコメントが続く。

そして、今回は建築だけでなく絵画も登場。
よく参考にしており作品プランにも拝借したというエドワード・ホッパーの数点の絵について、堀部先生独自の見方、解釈。
ほかに、ハンマースホイ、モランディ、アンドリューワイエス。
「建築をやっていると、機能とか理屈がなければいけない、と、モダニズムの時代の何か・・・。
 モランディの、こういう、意味なくビンが並んでいる絵を見るとホッとします。
 意味がなくたって、建築だと思います。
 ときどき一緒に仕事をするのですが、彫刻家からも非常に影響を受けます。」

後半は堀部先生の建築作品の解説。赤城のアトリエ、八ヶ岳の家、府中の家。
数々の条件を満たすための解として、多角形シリーズが誕生した経緯も解説。
「ハレの場を支えるユーティリティー部分をよく考えて作ります。
 一番やりたくないのが、リビングの窓をかっこよくつくろうとか、ハレの場を力んで作ること。
 必ず醜くなります。」

次回は、見学会です!

>>日本住宅教室 Top

posted by kumiko toishi
[PR]



by n-j-k | 2009-02-06 18:24

日本住宅教室2009 建築デザイン 堀部安嗣コース 第3回

1月7日(水)、堀部先生のコースの第3回目。
「いい建築とは何か、とよく聞かれるけれども、バランスだと思う」
悲観と楽観、倫理と芸術、安全性、金額、機能性の高低、など沢山の例を挙げ概念図も描きながら、バランスの位置の取り方、考え方について語る。

また、最近読んだ本や考えたことについて。情報ネットワーク関連から将棋名人の本まで幅広く、さらには物理学や数学の歴史にまで触れながら、これらを建築に関連づける。
「建築は数学に近い。なぜなら、気候風土に合ったものを作る、というくつがえることのない”公理=ルール”があるから。建築は本来は静かで淡々としているものだと思う。即席に感動を与えたりというものではない。だから街並みなどは蓄積されるはずなのです。そうなっていないのは、いま、技術力とか芸術性とかに偏りすぎているからではないか。」

そして、前回からの続き、先生が見てきた建築について。今回はバラガン、アアルト、ウッツォン、エストベリの作品。好きなもの、好きでないもの、その理由。
さらに、先生の作品解説の続き。軽井沢の家、つくばの家、碑文谷の家、逗子の家、多摩川田園調布集合住宅。今回もたくさんの模型写真、図面、建築前・施工中・竣工後の写真を使って解説。外壁タイルの目地の決め方や作り方、デザインで迷った時にどう決めているか、など、さらりと語る話の中のあちこちにもヒントが。

講義後には、近くのお店で新年会!遅くまで盛り上がりました。

>>日本住宅教室 Top

posted by kumiko toishi
[PR]



by n-j-k | 2009-01-15 20:50

日本住宅教室2008 建築デザイン 堀部安嗣コース 第2回

12月3日(水)、堀部コース第2回目。
はじめに、前回の講義の翌日にご案内いただいた、三鷹の新しい家について、受講者1人ずつ感想。その後堀部先生より、今回の住宅における2つの試みについて説明。

次に、先生が見てきた建築について、前回の続き。今日はルイス・カーンのキンベル美術館、ソーク研究所、フィッシャー邸などの住宅について。堀部先生ならではの着眼と分析。フィッシャー邸にちゃんと住み続けていたフィッシャーさんと会った時の様子も紹介。
「フィッシャーさんはとても普通の感覚を持った方で、安心しました。クライアントが住み続けることのできなかったサヴォア邸やファンズワース邸が、現代建築の傑作として挙げられているのは、僕はおかしいと思う。」
「いま建築家には、手品のようにパッと驚かせてくれ、ということが求められているような気がする。でも、そんなことはできないし、やれば必ずすぐに後悔する。」
「建築は、過去あるいは未来に対するimaginationの集積。これは設計者にしかできないこと。」

休憩をはさんで、先生の住宅作品の解説。伊豆高原の家、小平の家、牛久のギャラリー、軽井沢の家。何を考えて作ったか、そこからどんなことを学んだか、など。
「バランスに尽きる気がします。どれだけバランスを表現できるか」

>>日本住宅教室 Top
e0148986_17101526.jpg

posted by kumiko toishi
[PR]



by n-j-k | 2008-12-09 17:05

日本住宅教室2008 建築デザイン 堀部安嗣コース 第1回

11月12日(水)、堀部安嗣先生のコースが始まりました。受講者は主に建築設計の実務をなさっている方々。住宅の設計はしていないけれどもという方や、設計以外の仕事の方も。
1人1人に受講目的をお聞きになり、「インタラクティブな感じでやりたい、皆さんと共通した感覚があるのでやりやすい」と堀部先生。

最近数十年における社会の激変について、そしてそれに対して今どう考えているのか、設計しているのかについて、話はスタート。さらに、学生の頃から影響を受けてきた国内・海外の美しい風景とともに、それを見て何を考え、どう仕事に結びつけているかを語る。
「いかに良いものを見て、良い栄養を取って、さらにそれをいかに消化するか、を考えています。」

後半は、何日もかけて作ってきて下さったスライドと図面を使って、初期の仕事で学んだこと、考えてきたことを1つ1つ解説。施工中の写真や、14年を経て現在どうなっているかの写真も。「最初のころにやった物も、逃げずに直視するようにしています」

講義後も飲み会へ移動。建築に関係あること・ないこと、受講者の方からの質問が止まりません。
今週末、新しい竣工物件の見学会へもご案内いただきます!

>>日本住宅教室 Top
e0148986_1637548.jpg

posted by kumiko toishi
[PR]



by n-j-k | 2008-11-14 16:35
日本住宅教室
by n-j-k
プロフィールを見る
画像一覧

タグ

(9)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(3)
(1)
(1)
(1)

カテゴリ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧