日本住宅教室 Weblog

<   2009年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧




日本住宅教室2009 伝統木造設計 木内修コース 第6回

6月17日(水)、木内先生の授業もついに最終回。
まずは、伊勢神宮、法隆寺金堂・大講堂・夢殿、好文亭、唐招提寺金堂、旧閑谷学校講堂などを例にあげ、
屋根葺き材、本瓦葺きと瓦下地について歴史的考察。

茅葺き、板葺き、桧皮(ひわだ)葺き、杮(こけら)葺き、、、
仏教とともに入ってきた本瓦葺きはもっとも雨じまいが悪いのに、
それでも日本人はこれをデザインとして使おうとし、
勾配を変えてみたり瓦下地の改善を試みたりして
必死に対処してきたとのこと。

木内先生はこれらの歴史研究より得られた瓦下地の知識をもって、
大石寺六壷(たいせきじむつぼ)へ応用なさったそう。
まさに温故知新の展開です。

次に、五間堂の実例比較ということで、
第4回目に登場した大石寺六壷 よりも木割の細い例として
妙定院(みょうじょういん)本堂、妙眞寺(みょうしんじ)本堂の2つを挙げ、
限界耐力計算による検証の方法と結果、架構体・継手・仕口の工夫、工事監理、
そして振動測定結果について解説。

毎度違う地方の大工さんを使うため、
木内先生の方法を理解させるための研修会を開き、
3回全部参加できた人だけで作るようにしているそう。
いままでと違う方法を理解するのは難しいらしく
はじめ70人も出てきた時も、どんどん脱落して行き、
最後まで残ったのは平均29歳の5名だけだったとか!

そして、最後のテーマは伝統木造住宅の耐震性・耐久性について。
GWにお邪魔させていただいた木内先生のご実家の茅葺の家の強震観測結果と、
国交省の補助で行われたE-ディフェンスにおける伝統木造住宅の振動大実験結果を使って、
どのような作り方をした建物がどのような揺れや壊れ方をするかという傾向について解説。

授業のあとは、懇親会へ。

授業中にお聞きした神社とお寺の屋根・壁の違いについて、
「あ~!3年前に聞いていれば。。神社に瓦を乗せてきちまった!」
とオデコを叩く方や、
「お客様に『この建物はこういう性格だからこういう揺れにはこう動きます』という説明が
 できるようになった気がします。参加して本当によかったです」
とおっしゃる方など、皆それぞれ沢山のまとまった知識や考え方を身につけられたご様子。

今後も、伊勢神宮の普段見られない場所を見学させていただこうとか、稲刈りも?、、、
ここで終わらず木内先生関係の企画が立ちそうです。

>>日本住宅教室 Top

posted by kumiko toishi
[PR]



by n-j-k | 2009-06-23 17:56
日本住宅教室
by n-j-k
プロフィールを見る
画像一覧

タグ

(9)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(3)
(1)
(1)
(1)

カテゴリ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧