日本住宅教室 Weblog

日本住宅教室2009 伝統木造設計 木内修コース 第1回

1月21日(水)より、伝統木造設計コースが始まりました。
全6回に通ずる大きなテーマは、「伝統と創造」。
「新しい創造をするためには、まず伝統に学ばなければいけない」と考える木内先生が、長年かかって積み上げていらしたた経験と知識を伝授くださります。

第1回の前半は「日本建築の特質と伝統技術の継承」。
120枚の貴重なスライドとともに、用意してくださった資料の数々。「五意」の意味、中国から伝来して徐々に日本的な表現に変わっていく建築意匠の変遷、そしてそのポイントとなっている構造や技術について、伊勢神宮、法隆寺、平等院、東大寺、唐招提寺、などの事例を挙げながら、わかりやすい解説。

小屋裏の写真を見せながら、「このとき、ちょうど大きな台風が来ていて、この時代の建物が周期1秒くらいで揺れるのを体感しました」。実際に仕事として関わってきた話や、実験の結果、わかったことなども教えてくださり、迫力があります。

後半は「伝統的な設計手法 - 木割術、規矩術、継手・仕口」。
木割の時代変遷、「間面記法(けんめんきほう)」という平安時代から鎌倉時代の平面図の読み方、さらに「軒反り(のきぞり)」の時代変遷や作図方法について。最後に継手・仕口について、たくさんの貫(ぬき)構造の事例も挙げながら、手描きの図を使って解説。

木内先生の明快な説明により、意匠と構造の間に密接な関係があることが、とてもよくわかります。
ご参加者からの「木割」・「軒反り」・「構造計算」について、特に詳細をお聞きしたいという希望を取り入れ、予定よりプログラムを強化していくことになりました。
ご著書「現代棟梁の設計術」(新建築)も全員にプレゼントいただきました。ありがとうございます!


>>日本住宅教室 Top
e0148986_17165584.jpg

posted by kumiko toishi
[PR]



by n-j-k | 2009-01-30 17:37
日本住宅教室
by n-j-k
プロフィールを見る
画像一覧

タグ

(9)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(3)
(1)
(1)
(1)

カテゴリ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧