日本住宅教室 Weblog

日本住宅教室2008 照明デザイン 戸恒浩人コース 第4回

12月22日(月)、照明デザインコースの4回目。

前半のテーマは、「空間ごとの計画ポイント(2)リビング・ダイニング・キッチン」。
光源の位置により印象がどのように変わるか、また、椅子と机の配置の中でどこを狙えばまぶしさを感じさせずに手元だけ明るく照らせるか、ダウンライトを複数つけた場合の影の出方はどうなるか等、たくさんの事例写真に加え、その場で実際に照明を変化させ見せてくださりながらわかりやすく解説。

そして後半は、「照明手法の設計ポイント(2)間接照明」。
間接照明だけに関する本をまとめたこともある戸恒先生。いろいろな手法とそのメリット・デメリット、使用する光源の種類と特徴、光の美しさと施工を考慮した開口寸法の目安、美しいグラデーションを作るためのクリアランスの取り方や被照射面についてなど、明快な説明。こちらもその場で、クリアランスを変えるとグラデーションがどう変化するか、実際に作って見せて下さいました。

そのほか受講者の方々の、「間接照明で”暗い”と言われる照度はどのくらいか」、「夫婦で明るさの好みが違う時にはどうするか」、「クライアントからよく聞かれることは何か」、「設計費の算出方法はどうしているか」などの質問に、1つ1つ丁寧に答えていただきました。

>>日本住宅教室 Top
e0148986_256785.jpg

posted by kumiko toishi
[PR]



by n-j-k | 2008-12-24 21:36
日本住宅教室
by n-j-k
プロフィールを見る
画像一覧

タグ

(9)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(3)
(1)
(1)
(1)

カテゴリ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧