日本住宅教室 Weblog

日本住宅教室2010 中村好文 / 家具デザイン塾 第2回

中村好文 / 家具デザイン塾 第2回は久々のレクチャー、教室での授業でした。

ホワイトボードを使って、そして実例の写真やディテール図面をお見せ下さりながら、

・これまで先生がデザインされてきた様々なテーブルや椅子、棚や照明のバランサーに至るまでの構造や手法についての詳しいご説明や、

・デザイナーの恣意ではなく何度もの実験を経て辿り着く、自然の掟に逆らわない暖炉づくりのお話、

・先生の家具の師匠であるという「李朝」と「シェーカー」について、

・大学の学生さんたちと実施なさったリートフェルト展のこと、

・吉村順三先生との会話の数々、

など、とにかく内容は盛りだくさんです。

e0148986_15501099.jpg

e0148986_15574355.jpg

e0148986_1662098.jpg


先生は家具について、

「何でもいいから一つ大きなテーブルをやってみると、何をしなければいけないかがわかる。見ているだけだと課題が出てこない。一つ始めたら頭がそういう風に動くようになる。一つの家具を考えようと思うと次々に問題が出てくるので、どんどん、あれはまずいな、とずーっと考えることになる。おもしろいよ。時間がいくらあっても大丈夫!」

とおっしゃっていましたが、そのお言葉通り、「今度はこうしよう」「この前のはここが悔しかったな」「次は板だけでできないか?」などと、家具をつくられる中で、次々と発想を展開され工夫を凝らされていく様子がよく分かりました。そして何よりそれを楽しみながらやってらっしゃることが伝わってまいりました。

そして、学生時代に譲り受けた椅子や何年も前の上海路上でのスケッチ、おもしろいと思って撮っておいた踏み台の写真などが、時を経て自分のかたちとして定着されていく、という過程も垣間見ることができました。

また、安曇野の「ちひろ美術館」のためにつくられた椅子の写真を見せて頂きましたが、真横に座るのではなく膝を寄せ合い、母親が幼い息子を大きく包み込んで絵本を読み聞かせるようにとデザインされたその椅子の背は、先生曰く「タチウオのような」独特の柔らかい曲線を描いているため、図面に起こすことは難しく、空中に指で何度も絵を描いたところに、10cm刻みで点を打ち測ってもらうことで実現させたといいます。

それができてしまう素晴らしい職人の方がいてこそのものだ、というそのお話は印象的でしたし、形見として譲り受けたお母様の桐箪笥を、爪の跡や古い金具など愛着はそのままにパッチワークのように構成しなおされた箪笥や、大小様々組み合わせ自由の小箱がいくつも納められた素敵な裁縫箱の持ち手が実は板の反りを防ぐ役割をも果たしていることなど、こちらには書ききれないほど本当に色々なお話を伺うことができ、先生の手による美しい家具が、いかに合理的な構造や、材の特性への理解、巧みな技術に支えられたものであるか、を知ることができました。

好文先生は、日々の暮らしの中で実際に家具を使い、身をもって学んでこられたとおっしゃいます。
ご自身が使ってきた椅子は、座ったらすぐにお分かりになるとか。先生の家具には、至る所に細やかな気配りが感じられますが、それもやはり、家具とともに暮らすという先生ご自身の生活の中から生まれてくるものなのでしょう。

授業では次回講評会を迎える課題についても、「リートフェルトという人は、やれることは全部やろうという頭の働きをする人らしい、その彼がまだやり残したことがあるのではないか」といったお話や、身体寸法と動作について考えてもらいたいという思いもあって、より建築的な方向性のある今回の課題を出すに至ったというお話がありました。

中村好文 / 家具デザイン塾も、いよいよ最終回の作品発表・講評会を残すのみです。どんな作品が生まれるのか、大変楽しみにしております。

>>日本住宅教室 Top

text by marie sakai
[PR]



by n-j-k | 2010-07-23 15:33
日本住宅教室
by n-j-k
プロフィールを見る
画像一覧

タグ

(9)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(3)
(1)
(1)
(1)

カテゴリ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧